海外SIMカードの設定方法【SIMロックの解除からスマホのAPN設定まで】

初めての海外SIMだと緊張するものですが、実は、、することはとっても簡単なのです。要約すると手順は4つだけ!

  1. スマホのSIMロックを解除する
  2. 海外SIMカードを購入
  3. SIMカードをスマホに挿入する
  4. スマホの設定を行う

 

これだけで海外で日本と同じようにスマホを使うことができます。

しかも1回行ってしまえば、手順が3つになるのでものすごく楽で、今では、5分以内で設定が行えてしまいます。笑

ここからは、それぞれの設定手順を解説していきますね。

 

と、その前にSIMとはなんぞや?どこで購入するの?注意事項については下の記事を読んでね!

関連記事

海外でのSIMカードを使おう!! 「海外でもスマホを使って楽しみたい」「日本と同じようにSNSやインターネットを使用したいって」ってみんな旅行にいくときには思うはず!けど、設定が、、、難しくて諦めてしまい、WiFiへ!けど、W[…]

海外でのSIMカードの完全解説

 

広告

スマホのSIMロックの解除

インターネットのロック

海外SIMカードを使用する際には、絶対に必要になってくるのが、「SIMフリー」、「SIMカードロック解除済み」になっていること! 通常、各キャリア(NTTドコモ、au、ソフトバンク)で購入したものにはSIMロックがかかっっています。

なので、自分が契約したキャリアでSIMロックを解除条件を確認しましょう。

※各キャリアのSIMロック解除のリンク

確認したら、SIMロックの手続きを行いましょう。手続方法は、PCやスマホのオンライン手続きor各キャリアの店舗でできます。ただし店頭で行うと、解除手数料として、3000円(税抜)がかかるのでご注意を!

 

オンラインでのSIMロックの解除方法

オンラインでSIMロック解除をする際に必要なのがスマホの製造番号である=IMEIになります。

IMEIとは??
IMEIとは、各端末を認識するために持つ製造番号で、端末ごとに違います。ながーーい15桁文字がIMEIになります。

IMEIとはの確認方法は以下の通り

  • Android:設定デバイス情報➡IMEI(※デバイスによって異なります)
  • iPhone:設定➡一般➡情報➡IMEI

 

確認できたら、手続き画面に必要事項とIMEIを入力したら解除できます!!

海外SIMカードの購入

SIMカードには、「標準SIM」「microSIM」「nanoSIM」の3種類があるので、自分がどれなのか確認してきましょう。

海外SIMカードの準備

海外SIMカードの購入場所は、日本での事前購入か海外現地での購入になります。

詳しくは、こちらの記事でかいているので、見てね笑

 合わせて読みたい 

 

海外SIMのカードの挿入

SIMのカードの挿入

海外SIMカードをSIMのフリーのスマホに挿入します。

ここからはめっちゃ簡単。

 

スマホのSIMのカードトレイを引き出す

スマホ側面にあるSIMカード入れるために、SIMのカードトレイトを取り出します。最初は電源をOFFにしてね。iPhoneではSIMカードトレイにある穴に、スマホ購入時に付属していたSIMカード取り出し専用のピンを差し込むと、トレイがでてきます。

Androidでは、専用ピンの場合やつまんで出す場合もあるので、自分のスマホを確認しましょう

なくした場合購入しましょう!!

 

海外でSIMカードを入れ替える場合には、専用ピンが必要なのでお忘れなく!!

 

SIMカードを入れる。

SIMカードトレイが取り出せたら、海外SIMカードを挿入しましょう。入れ方は、トレイに図などが書かれているので、オモテウラを確認してね。

入れ替えた日本のSIMのカードを帰国後使うので無くさないように!!!

携帯がDSDS(デュアルSIM)なら今のSIMを入れながら新しいSIMのカードをいれてOKです。

※デュアルSIMとは、2つの携帯電話回線を1つのスマホで同時に扱う機能で、2つの電話番号を持ち2つのスマホを持っている感覚みたいなもの。

スマホの設定

iPhoneの使用

●Android

機種によって異なりますので、ご注意を!

  1. 設定を選択
  2. モバイルネットワークを選択
  3. アクセスポイントを選択
  4. 通信サービス名を選択しますが、海外SIMカードでは新しいAPNの設定なので、「+」を選択
  5. APN情報を入力。海外SIMカード購入時に付属している説明書を参考にして、APN、ユーザー名、パスワード、認証タイプを入力します。
  6. 保存を選択
  7. APN一覧から設定したAPN設定を選択

 

帰国後は海外で設定したプロファイルを削除し、国内の設定に戻す必要があります。(3大キャリア・MVNO共通)

  1. 設定を選択
  2. モバイルネットワークを選択
  3. アクセスポイントを選択
  4. 日本のAPNを選択

 

※DSDS(デュアルSIM)の場合

DSDSの場合、上に加え少し追加の設定をしないと日本のSIMカードがそのまま通信してしまったりすることがあるので注意が必要です!

めんどくさかったら、海外SIMカードを入れる際に日本SIMカードを外してしましましょう

  1. 設定を選択
  2. デュアルSIMカード設定を選択。
  3. 海外SIMカードをONに、日本のSIMカードをOFFにします

 

●iPhone

国内3キャリアユーザーでiPhoneの場合はAPN設定が不要です。帰国後も日本のSIMカードに入れ替えるだけでOK!

※国内3大キャリアユーザーで海外SIMカードを利用するために海外でプロファイルをダウンロードしてインストールした方には帰国後国内でプロファイルをダウンロードする必要があります。

●MVNOユーザーの場合

※MVNO用プロファイルを削除し海外SIMのカードを使用した場合は、帰国後国内のプロファイルを入れる必要があります。

※MVNO用プロファイルを削除し海外SIMカードを使用するために海外でプロファイルをダウンロードしてインストールした方は、帰国後、海外のプロファイルを削除し国内のプロファイルを入れる必要があります。

 

現地で海外SIMを購入した場合

現地のショップ等で購入した場合、現地の店員にしてもらえることが多いです。

その際には、言語を英語にしておくとスイスイしてくれますよ!!

 

ただし、自販機で購入するとしてくれない場合もあるのでご注意を!!

 

まとめ

海外でSIMカードを買って設定するだけで、日本と同じようスマホが使えるのは良き!!

Wi-Fiと比べると安く済むので、長期滞在者には外せない海外SIMカードですので、ぜひこの機会で挑戦してみてね!!

 

おわり。

ぢゃ。