【完全解説】海外旅行でSIMカードの使い方と注意事項!

海外でのスマホの使用

海外でのSIMカードを使おう!!

「海外でもスマホを使って楽しみたい」「日本と同じようにSNSやインターネットを使用したいって」ってみんな旅行にいくときには思うはず!けど、設定が、、、難しくて諦めてしまい、WiFiへ!けど、WiFiも料金が高いですからね!なるべく費用は抑えていきたいところ!

なので、

本記事では、そんな海外旅行で初めてSIMを使う際にきをつけていきたい注意事項や準備を完全解説していきますよ!!

広告

SIMカードとは

そもそもSIMカードは何??

一言でいうと小さな小さなICチップ。電話番号やネットを使うために必要なのです。普段使っているものは日本のSIMで、海外でも使用できますが、鬼高い💰💰現地SIMカードを購入することで通信が可能になって、携帯が日本と同じように使えます。

 

サイズ

Mini-SIM、Micro-SIM、Nano-SIMがあって、最近の携帯では、ほぼNano-SIMです。自分がどのSIMかは、携帯の種類で確認しておきましょう!!ネットで自分の携帯を検索するとわかるよ

(左から順にNano-SIM、Micro-SIM、Mini-SIM)

SIMの3種類

通信タイプ

SIMカードの通信タイプには4種類あります。

やっぱりおすすめは大体一番コスパが最強な①!

  1. データ通信のみ
  2. データ通信 + 音声通話(大体無料時間が記載されてます)
  3. データ通信 + 音声通話 + SMS
  4. 音声通話 + SMS

※大体①と②が多くて、今はSNSでLINE、Skype、We Chatで、WhatsAppで会話できるのでUberやGrabCar 等を日本で電話番号認証していれば大体問題なし!

③と④はほぼ見ませんが、一応載せています!

通信プラン

SIMカードの通信プランには2種類あります。

おすすめは時と場合によりますが、キャリアでもある①

  1. 決められた期間中にある一定のデータ通信量まで使える
  2. 決められた期間中にデータ通信ができる(1日の使用量は決まっています)

※一見②が良いと思いますが、大体それはMVNO(日本でいうUQmobileや、mineo)で、通信速度が遅いことも多いです。その点①はキャリア(ドコモなど)なので、優先されて速いです!

➡値段と旅行に日程で通信プランを考えましょう!

 

●ワンポイントアドバイス

決められた期間内や1日あたりのデータ通信量を超すと、一切通信ができない場合と通信速度が制限されてるけど通信ができる場合の2通りの種類があり、後者を選ぶのが少しお得!制限速度は日本でいうと、3Gや通信制限の感覚

支払いプラン

SIMカードの支払いプランは2種類あります。

旅行初心者や設定が楽で明朗なのは①、安く済ませたい人は②だが、色々と大変…

  1. 利用前に料金を払うプリペイド式
  2. 利用語に使った文の料金えお支払うポストペイ式

※①は事前に料金によってのデータ通信量が決まっており、後から料金を支払わなくて良き!明朗!!

※②は①よりも大体安いことが多いですが、自分で英語で携帯を使って料金をtop up(チャージみたいなもの)をしなければならないし、カード(現地発行の場合もあり)の登録、ユーザの登録といって少し複雑。

購入場所

空港

携帯をすぐにでもつかいたいって人にはおすすめ!

SIMカードを現地で購入します。国によって違いますが、大体の国では「設定して」というとしてくれます。

自販機でも売っていますが、そこではSIMカードを購入してもおそらく誰も設定をしてくれないので注意してください!(英語ができて機会に強い人はおそらく大丈夫ですw)

路上の売店

後からでもよく、安く済ませて現地の雰囲気を味わいたい人!

特に東南アジアにて見かけるのが多いパターン。SIMをぶら下げて、もしくは見えるところに置いています。えっ!こんな店がおいているのと?びっくりします。空港よりも割安な価格にて販売しています。

※売店の人は優しい人が多いですよ

 

大手の携帯ショップ

後から、ちゃんとしたお店で正規の値段で安心して行いたい人!

ヨーロッパとかで多いですね。ちゃんとしたお店です。プランがおおい場合もあるので、店員に「何日間いるのか」を聞くのがBEST。購入の際には、身分証明書が必要な場合もあるので、パスポートを持参しておきましょう。

ネットで事前購入

実は現地で買うより安くて、自分で設定ができて、すぐ使い人向け!

Amazon、楽天で販売されていますが、Amazonのほうが安くて種類は多目。

日本語解説もあるので、自分でできる人には海外に到着後にすぐ通信できるのでおすすめ。

国によって、事前購入か現地で購入するのか価格が変わるのでご注意を!

 

海外SIMカード注意点

①SIMフリーの確認

日本で購入した携帯にはSIMロックがかかっていますので、SIMフリーロックを解除してSIMフリーのスマホへしましょう。

※端末によって異なりますが、基本的に2015年5月以降に購入した端末は購入日から101日以上経過するとSIMをロック解除が可能です。

 

SIMロックとは
ドコモの携帯にはNTTドコモ発行のSIMのが入っており、他の他社のSIMカードを装着しても利用できないようにしています。だから、ドコモでauのSIMは使えなく、海外でも使えなくっているのが「SIMロック」。これをロックを解除して他社のSIMカードでも利用できるようにしたのが「SIMカードフリー」

SIMロックの解除方法

SIMロック解除の方法は2通り。

基本的に費用のかからない①にしましょう

  1. 自分の通信キャリア各社のウェブ
  2. 電話で問い合わせ

電話での問い合わせの場合には手数料で約3000円かかるのでご注意を!

 

日本のSIMカードの通信をOFFにしておく

日本のSIMカードは海外では使えますが、お金が高くつくのでOFFにしときましょう。忘れると、3000円 ✕ 日数が約かかります。

日本のSIMカードの通信OFFの方法は色々ありますよ!

  • SIMカードをスマホから抜く。
  • モバイルネットワークからモバイルデータをOFFにする
  • デュアルSIMカード設定からOFFにする
  • 機内モードにする

 

詳しいSIMロックの解除方法と、スマホの設定方法は下の記事で!!

関連記事

初めての海外SIMだと緊張するものですが、実は、、することはとっても簡単なのです。要約すると手順は4つだけ! スマホのSIMロックを解除する 海外SIMカードを購入 SIMカードをスマホに挿入する スマホの設定を[…]

初めての海外SIMカード

海外SIMカードの準備

海外でのSIMカードを使用する際の持ち物の準備は、現地のSIMカード・SIMカードを取り出すためのピン。

必要な用意

  • 現地のSIMカード
  • SIMカードを取り出すためのピン
  • 日本のSIMカードを無くさないこと

他にも当たり前ですが、充電器、変圧器、現地で購入の場合にはお金、ポストペイ式ではクレジットカード等ありますので、お忘れなく!!

 

SIMカードとWiFiどっち?

メリット

  • 費用が格段に安くつく(WiFiは1日の目安約1000円前後)
  • 周遊の際に一つのSIMですむ
  • 充電は携帯を充電するだけ
  • シンプルに携帯だけなので軽い

 

デメリット

  • 最初の設定に慣れていないと困る
  • 電話番号が変わる

※①:最初のAPN設定等など準備で慣れていないと困惑することがあります!

※②:電話番号がかかるので、ビジネス等では大変です!大事な電話が…

 

広告

 

海外SIMカードでのアプリ

携帯のアプリ

海外でも日本と同様にアプリ使えるものと使えないものがあります。

ただ、連絡手段としてあるLINE、Twitter、Instagram、Facebook、G-mailは問題なく使用することができますヨ

もちろんグーグル検索だってスイスイ😊

ただ、中国では政府によってネット規制がかけられているので、SIMの種類ではネットが使えません。Googleを始め、LINEやInstagramの上に述べたものも使えませえんのでご注意を!!

ネット規制回避できるWiFiをレンタルするほうが便利です!

関連記事

旅行に欠かせないのはスマホの地図アプリ 「グーグル・マップ(Google Map)」ですよね。 海外での旅行や出張などでは、通信量が増えて値段が高額や、Wi-Fiのデータ制限量を超えないかという不安があります。 そ[…]

グーグルマップのフォト

 

 

やっぱり、海外旅行は無駄な出費は抑えていきたいところ!!

だから、大体は現地のSIMのカードを事前に日本で購入していきます

ただ家族でWiFi借りたほうが安い、SIMカードよりも一台あたりでも安いってこともあるので、事前調査が必須です!

今回で紹介したことさえ頭に入れていれば莫大な費用無く、安全に海外でスマホを使いこなせますよ!

 

ほな。

ぢゃ。

関連記事

ヨーロッパ周遊や何日間も滞在するなら、絶対必要なのが携帯の通信環境 とくにフリーツアーなら絶対にほしい所 無かったらしんどいし、通信環境代を節約するかで1万円ぐらいは変わってくる。 ☆重要ポイント☆ だから安くて[…]

ヨーロッパ周遊にオススメSIM
関連記事

ハノイのノイバイ国際空港に着きました。 到着して、すぐに手に入れたいのが、SIMカード ポケットWi-Fiをレンタルするのもありなんですけど、ベトナムなどの物価の安い国では、現地(今回ではノイバイ国際空港)で取得したほう[…]

ノイバイ空港でのSIM購入場所