ウラジオストクの人気カフェ【ウフティブリン】おすすめしません

伝統的なパンケ-キ【ブリヌイ】の専門店

人気のУх Ты, Блин(ウフ・ティ・ブリン)

早速食べに行ってきました。

結論から言うと、このお店好きでないな。

 

  • 理由1 店員が愛想悪い悪い
  • 理由2 混んでる。
  • 理由3 料理、そこまで美味しくない。

広告

理由1 店員が愛想悪い悪い

いわゆる、ロシア人接客で、愛想が悪い悪い、不愛想😑

かっこいいのにね、残念笑。

理由2 混んでる。

めちゃくちゃ混んでます。オープン前から並びます。(オープンは11時から)

ウフティブリンのオ-プン前

(10:50でこの並びよ)

 

そして、注文はカウンターで順番、列ができます。その時に、『テーブル確保している?』と聞かれます。

で、思いついたのが、2名以上なら、1人は注文、1人はテーブル確保がオススメ。

(この端っこのカウンターで注文よ)

 

で、乗り遅れた人は、店内で立って待機するんですが、店内は狭いし大変。

あと、食べてる人も空気読まずに、食べてる所を動画にとったり、、インスタ等いろいろしているから食べるのが遅い😣。

その間ずーっと立ち放し状態。

店員も気を配って、相席とか、効率よく誘導すればもっと座れるのに・・・そこはロシア。

気がききません😓

その間ずーっと、待っている客は

『早く席空いてくれーー』オーラを出しながら、立ちんぼで、こちらを見ているんです。食べにくいワ😩

で、落ち着かず、私1番のりで席を立とうとコ-トを手にした所、

すぐさま白人の女性が飛んできて、横入りです。すぐテーブルは奪われました。

(その彼女、、彼氏に順番と言われると、

怖い顔できにするな!早い者勝ちみたいなことを言ってましたわ)オロソシイ女性デシタワ😣

ウラジオストクのウフティブリン

(トイレはわりと綺麗でしたよ)

理由3 料理、そこまで美味しくない。

ロシアの伝統的なブリヌイ。

いくらのブリヌイ

せっかくなので、ウラジオストクでは高いいくら入りのブリヌイ(450ル-ブル¥772)を注文。

日本人の感覚なら、断然別々で食べた方が美味しいです。イクラだけがいいわワ😣

(イクラはちょっとしょっぱいです)

サ-モンとクリ-ムチ-ズのブリヌイ

スモ-クサ-モンとクリ-ムチ-ズのブリヌイ(230ルーブル=約394円)も、生地の甘さが口に残ります。

 

マッシュルームのブリヌイ・ウフティブリン

マッシュルームのブリヌイが1番おいしかた。

(甘いブリヌイ食べてないけど、日本のそこら辺で食べるクレ-プで充分の感じでした笑)

ウフティブリンの日本語メニュ-

ウフティブリンのメニュ-

日本語メニュ-もあるから注文しやすいけど、ブリヌイの種類がたくさんあるから迷いますよ~

(噴水通りにあるから、分かりやすいよ)

おわり。ぢゃ😊