詩仙堂のかわいいお地蔵さん達!京都の紅葉なら、人が少ない[洛北]エリアがねらい目

秋の京都・紅葉を見にいきましょ!

 

11月3週目の平日が紅葉が綺麗・ねらい目です

八坂神社、東福寺、嵐山は観光客が多いので、

人ごみを避けるなら 洛北へいきましょう

そして、せっかく洛北へ行くなら、

曼殊院・圓光寺・詩仙堂・八大神社、ぜーーーーーーーんぶ回りましょう!

★実際のマイプラン★(参考に)

叡山電鉄・修学院で下車

徒歩かタクシ-で曼殊院

徒歩で15分の圓光寺

徒歩で5分位・詩仙堂←←←今回はここの記事←←←

隣にある八大神社へ

曼殊院について読みたい方は下の記事へ👇👇

関連記事

紅葉を求めて京都へ散歩その①の巻 春秋は散歩で京都へ。 この時期って、京都の八坂神社、東福寺は観光客がめちゃ多いので苦手 すばやく移動もできないし、大変です で、今回は人混みが少なくて、時間もずらして京都の洛北に行っ[…]

曼殊院の紅葉入り口

 

広告

行き方

直接詩仙堂に行くなら、以下がおすすめ!

  1. 叡山電鉄・一乗駅から徒歩7分
  2. 地下鉄烏丸線・松ケ崎駅からタクシ-10分

f:id:hobby_is_travel:20181114231435j:plain

この地図だと、8番曼殊院、9番圓光寺、10番詩仙堂です。

詩仙堂の歴史

正式名称は、凹凸窠(おうとつか)で、詩仙堂はその一室である。凹凸窠の意味は、でこぼこした土地に建てた住居を指していますよ😊

由来:中国の漢晋唐宋の詩家36人の肖像を狩野探幽に描かせ、図上にそれら各詩人の詩を丈山自ら書いて四方の壁に掲げた、「詩仙の間」を中心としている事からよばれる。

詩仙堂の四季には、それぞれ趣きがあり、特に5月下旬さつき11月下旬紅葉がすばらしい。

営業時間と拝観料

拝観時間:9:00~17:00(受付終了16:45)

拝観料・大人500円、高生400円、小中学生200円

詩仙堂へ

で、実際に行った写真を載せていきますね

(入り口はこんなかんじ👇👇)

詩仙堂の入り口

詩仙堂の景色

ここでまったり座って、お庭と紅葉が楽しめました~。

 

見て分かりますかね!?

人あんまりいないでしょう!!!!!

だから、【洛北】おすすめなんです

詩仙堂

この奥にトイレありますョ。

ちょっと紅葉には早かった……😢

ここで写真撮っている人が多かったので

真似して撮ってみました👇

の黒パンツ、めちゃ大当たり🎯

着やせします嬉。伸びよくてはきやすいです。

4本持ってますww。こちらはロング丈、Msize。

普通の体系ならMで充分です。

ちなみに、靴はUGGモカシン・チェスナットです。

経験上、寒がりの人って、

足元を温かくしていれば、少々の薄着でも問題ないと思っています笑

(着ぶくれ防止術w)

歩ける靴です。23.5cmならsize7でOK.

[itemlink post_id=”9379″]

ここにも、お地蔵さんいました……

可愛い・癒される~😍😍

めっちゃ、かわいくないですか!?

な、なんと

このお地蔵さん。圓光寺でも見つけ後にまた見つけたからお気に入りなんです😊

合わせて読みたい
圓光寺でも地蔵様をみつけたよ!熟年夫婦のデートにおすすめ京都の圓光寺

関連記事

熟年夫婦が久しぶりのデ-トにゆっくり回れる圓光寺 その二弾!! 紅葉を求めて秋の京都へ。 この時期、京都は観光客だらけで、どこも渋滞なので 洛北に行きました。これが正解🎯 この地図だと、[…]

圓光寺のお坊さん

あ、最後に

御朱印しっかり頂きました!

おわり。

ぢゃ😊。