【ドイツ】噂通り・冬のノイシュバンシュタイン城はやっぱり綺麗かった。まさに別世界!

噂は本当だった。

真っ白なお城。まさにシンデレラ城だ!!

特に、マリエンからのノイシュバンシュタイン城は最高です

マリエン橋から見るノイシュヴァンシュタイン城の夏の景色

もっと雪が降ってくると、もっと白くなります❄❄

マリエン橋から見るノイシュヴァンシュタイン城の冬の景色

(行き方へはまた別記事で、ヴィ-ス教会と一緒に載せますね~) 

ヴィース教会 ↓↓

ビース教会の中

ヴィースもイエスの涙として有名よね??。

個人旅行で、手配しました。

事前に日本でチケットはオンライン予約して行きました。

14.8(ネット手数料1.8込)

朝1番の9時を予約。 👉👉👉予約はこちら

英語で頑張って取りましたw

朝、バスで憧れのノイシュバンシュタイン城に到着。

ノイシュバンシュタイン城の最寄り駅・フュッセン(Fusen)の町に前泊、

フュッセンの駅前からバスで行きました。バス停は駅前だし、

旅行者が多くてすぐ分かりますョ。(バス時刻表は取り忘れ)

お城に早く着きすぎて、チケットセンタ-はまだ閉まっていましたが、

旅行者がすでに数人待機中。

(朝早く行けば、当日チケットでも十分な感じでしたが、

どうせ行くなら予約した方が確実‼👍)

チケットセンタ-の裏が、Hohenschwangau城(パパ城)

ホーエンシュヴァンガウ城

15分程で登れば入口に到着します。無料トイレありました。

凍っている湖と山道

ノイシュバンシュタイン城迄のル-トは3通り。

馬車・バス・徒歩

せっかくなので、馬車で(1人・6)行きました。気分が上がります

馬車に乗るなら、行きで乗ってください!!

なぜなら、上り坂でしんどい(;′Д`)ぇー

帰りは歩きがおすすめ^ω^

下り坂なので歩けます、30分のウォ-キング🚶‍♀️🚶‍♀️🚶‍♀️🚶‍♀️

馬車でノイシュヴァンシュタイン城へ

ラッキ-な事に先頭⤴。

馬車と私

記念に1枚、頂きました(゚v`d)ベリグー

お馬さんのおしりが……プリプリで引き締まってました(笑)。

途中でたまーーに止まります笑。 うんちの一服かっ-w。

お城の手前で馬車は降ろされますがすぐ歩けば到着です。

馬車での馬のお尻

 

ただ、自分の入場時間が決まっているから、呼び出しされるまで待ちますの。

ここにはお土産屋さんや食べ物屋さんもあり、

無料トイレがあるので、是非済ませておきましょう!!

豪華絢爛な装飾の城内、残念ながら撮影禁止です(´-□-)=

(皆さんは、ここで城内、想像してくださいね!)

ポチッお願いします

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村

素敵すぎる~~~😍😍😍

噂通り、おとぎの国だ~~

マリエン橋から見るノイシュヴァンシュタイン城の景色

*日本語のオ-ディありますように、イヤホン持参した方がいいよ~

1番素敵だったのは

お城が一望できるマリエン橋からの景色

絶景~綺麗~。ヾ(。>v<。)ノ゙*。

マリエン橋・ちょこっとメモ👩‍🎓

橋の由来は城主ル-トヴィヒ2世の母親マリ-・フォン・プロイセンからとられたもの。

ノイシュバンシュタイン城の絶景を眺めるビュ-ポイントとして有名

よくパンフレット等に用いられている景色はここから撮られた物が多いそうですよ。

ノイシュヴァンシュタイン城のロゴ

マリエン橋の看板?? めちゃいい味でてます~好きだわ❤、

1866年からあるんだ-。

*注意  

冬はマリエン橋歩行中止になってましたが独自の判断で行きましたので

皆さんも行かれるときは自己責任でお願いします。

ノイシュバンシュタイン城からマリエン橋からのへの道は柵で区切られていますが、乗り越えました笑

少し山道を歩いていくと、マリエン橋があります

橋の上は所々凍っていて、めっちゃすべります❄!

冬のマリエン橋

白いドレスをきた冬のノイシュバンシュタイン城。

おとぎの国(ノ*゚▽゚)ノ ウォォォォォン

怖くて……マリエン橋の中央まで行きません……(๑⁺д⁺๑)

もう1度行きたい場所になりました。

マリエン橋から見るノイシュヴァンシュタイン城の夏の景色

今回私はフュッセンの町も気になり、前泊しましたが、

ミュンヘンから日帰りバスツア-で行く人が多いんです。

私も今回、事前に日本でオ-ストリア・ハルシュタットのツア-をベルトラVELTRAで予約してとても便利でした。

女性1人旅には安心が1番w。

予約はこちら

今回のドイツ旅のチケットはスカイキャナ-で、さくっと調べました。

このサイトは調べるのが楽ちん!で好きなサイトの1つです(^o^)。

ニホンブログ村に参加しました、

宜くお願いします(^o^)

おわり

ぢゃ。